2022年度秋季企画展 福澤諭吉と『非暴力』 ―学問のすゝめ150年―

2022年度秋季企画展 福澤諭吉と『非暴力』 ―学問のすゝめ150年―

2022年10月17日(月)~12月17日(土)

チラシのダウンロードはこちら(PDF)

開催概要

会期  2022年10月17日(月)~12月17日(土)

会場 慶應義塾三田キャンパス内
   慶應義塾史展示館 企画展示室(慶應義塾図書館旧館2階)

開館日時 月~土曜日 10:00–18:00

休館日  日曜日、祝日

入場料 無料

主催  福澤諭吉記念慶應義塾史展示館

*ご来場の際は事前予約を推奨しています。【予約フォームはこちら】
会場までのアクセスはこちら

展示概要

天は人の上に人を造らず——

福澤諭吉が今から150年前に刊行を開始した『学問のすゝめ』。日本人の誰もがその名と冒頭の一句を知る古典となったこの本は、多くの人々に学ぶことの重要性を気付かせるだけでなく、行動を促しました。

本展では『学問のすゝめ』が直接のきっかけとなって、千葉県の小さな村落の人々が行動を起こした「長沼事件」に光を当てます。政治に対する異議を、力ではなく言葉によって根気強く示していくことで、この国を真の意味で自分たちのものにしていく̶̶。村民たちとの交流の中で、福澤諭吉が描いた理想を考えます。

展示構成

1 『学問のすゝめ』の登場
2 「古来、ただ一名の佐倉宗五郎のみ」
3 長沼事件の勃発
4 福澤諭吉と長沼村民
5 長沼事件の残したもの

主な展示品

1 『学問のすゝめ』初編初版本(明治5年) 慶應義塾福澤研究センター蔵
2 「三田演説日記」(明治7年)  慶應義塾図書館蔵
3 福澤諭吉が長沼村民に贈った書《無我他彼此》慶應義塾横浜初等部蔵
4 長沼絵図(宝永5年) 成田市長沼区蔵・成田市立図書館収蔵
5 下総国下埴生郡長沼村捕魚採藻の図(明治15年頃、部分) 成田市長沼区蔵・成田市立図書館収蔵
6 成田市立豊住小学校校庭の「独立自尊」の碑
7 福澤諭吉筆長沼村民願書下書(明治9年3月) 慶應義塾福澤研究センター蔵


画像をタップまたはクリックすると拡大表示します。

『学問のすゝめ』初編初版本(明治5年) 慶應義塾福澤研究センター蔵
「三田演説日記」(明治7年)  慶應義塾図書館蔵
福澤諭吉が長沼村民に贈った書《無我他彼此》慶應義塾横浜初等部蔵
長沼絵図(宝永5年) 成田市長沼区蔵・成田市立図書館収蔵

下総国下埴生郡長沼村捕魚採藻の図(明治15年頃、部分) 成田市長沼区蔵・成田市立図書館収蔵

成田市立豊住小学校校庭の「独立自尊」の碑
福澤諭吉筆長沼村民願書下書(明治9年3月) 慶應義塾福澤研究センター蔵

2022年度秋季企画展 福澤諭吉と『非暴力』 ―学問のすゝめ150年―
出品目録はこちら

企画展関連グッズ


2022年度秋季企画展図録
「福澤諭吉と『非暴力』―学問のすゝめ150年―」

好評発売中

¥1100(税込) A4判 68頁
購入はこちら

福澤諭吉記念慶應義塾史展示館の2022年度秋季企画展「福澤諭吉と『非暴力』―学問のすゝめ150年―」(2022年10月17日(月)~12月17日(土))の図録です。すべての展示資料の解説は会場よりもさらに詳細なものを収録し、関連史跡地図など図録オリジナルのコンテンツも充実しています。福澤諭吉が明治5(1872)年に世に問うてから150年、いまや古典となった『学問のすゝめ』が訴えかけ、描いた理想を、この本に勇気づけられたある小さな村落の闘い―長沼事件―を紐解きながら考えます。

目次(抜粋)
1 『学問のすゝめ』の登場
2 「古来、ただ一名の佐倉宗五郎のみ」
3 長沼事件の勃発
4 福澤諭吉と長沼村民
5 長沼事件の残したもの

インタビュー
小川不二夫「語り継がれる長沼事件」

エッセイ
加藤三明「私と長沼」
白石大輝「長沼事件の法史学的考察」
都倉武之「小川武平は何を読んだか―『学問のすゝめ』と長沼事件」

長沼関連年表
資料翻刻

<ページ見本>

企画展関連イベント

企画者によるギャラリートーク・三田演説館見学会

11月8日(火) 
12月3日(土)

10時30分~(60分程度)
*先着15名:当日10時より展示館受付にて申込み